9月 222014
 

読売新聞 によると。

 国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産登録を目指す長崎市の端島(はしま)(軍艦島)で、日本最古の鉄筋コンクリートの高層アパートなど4棟と別の1棟の一部が、いつ倒壊してもおかしくない「大破」と日本建築学会から指摘されていたことが、同市への取材でわかった。

 文化庁によると、極度に老朽化した鉄筋コンクリートの修復技術は確立されておらず、研究者らは来年6月、保存・再生に向けた国際会議を同市で開催する。

 軍艦島は海底炭鉱の島として栄え、大正から昭和にかけてアパートや学校、病院など約30棟の鉄筋コンクリートの建物が造られた。1974年の閉山後、無人島になり、建物は約40年間にわたって放置され、高潮や風雨にさらされてきた。

 日本建築学会は2011~13年、長崎市の依頼を受けて建物の調査を実施。1916年に建築された日本最古の高層アパート「30号棟」(7階建て)をはじめ、計12棟を抽出して劣化診断した結果、4棟が「大破」だった。倒壊するまでの年数の試算では、2012年時点で、30号棟は5年前に倒壊していてもおかしくない「マイナス5年」とされた。

 Posted by at 9:41 AM
4月 032014
 

映画.com によると。

人気俳優の三浦春馬が、諫山創氏の人気漫画を樋口真嗣監督が実写映画化する「進撃の巨人」に主演することが決まった。三浦の役どころは明かされておらず、共演陣も後日発表予定。ストーリーを含め秘密のベールに包まれているが、巨人に襲われ荒廃した世界観を生かすため、廃墟の聖地といわれる長崎県の端島(通称・軍艦島)での撮影を予定しているという。

 累計発行部数3000万部を突破した諫山氏の同名原作は、「別冊少年マガジン」(講談社刊)で連載中。最大50メートルにおよぶ謎のヒト型怪物・巨人たちが支配する世界を舞台に、巨大な防護壁の内側で生活する人類と、壁を越えて進入してきた巨人たちとの壮絶な戦いを描いている。

 映画では諫山氏の監修のもと、原作の物語やキャラクターをベースにオリジナルの要素を盛り込む。脚本は、「GANTZ」2部作で知られる渡辺雄介、諫山氏と親交のある映画評論家・町山智浩が共同で執筆している。

 「ローレライ」や「日本沈没」での壮大でスペクタクルな演出に定評がある樋口監督のもとには、特撮、VFX、衣裳など日本映画界屈指のスタッフが結集し、プリプロダクションを開始している。特撮監督を尾上克郎、撮影を江原祥二、美術を清水剛が担当。さらに、扮装総括を柘植伊佐夫、衣裳デザインを三田真一、特殊造形プロデューサーを西村喜廣、キャラクターデザインを竹谷隆之、貞本義行、田島光二が務める。初夏にクランクインを予定している。

 「進撃の巨人」は、15年に公開を予定。

 Posted by at 1:24 PM