admin のすべての投稿

羽生結弦「今回は自分の中でパーフェクトと言えない出来。反省点をあしたに使いたい」

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯(16日、モスクワ)男子ショートプログラム(SP)で、ルール改正後の世界最高得点で第3戦のフィンランド大会を制した羽生結弦(23)=ANA=は、今季世界最高得点を更新する110・53点で首位。ファイナルを除けば自身初となる同一シーズンのGPシリーズ2連勝へ好発進した。

 演技点では5項目全てで9点台中盤を並べ、冒頭の4回転サルコーはGOE(出来栄え点)で驚異の4・30点の加点を引き出した。スピンとステップは最高難度のレベル4を獲得した。

 羽生との一問一答は以下の通り。

 --世界最高得点を更新

 「何とか結果としてノーミスと言っていい出来。ホッとしている」

 --演技を振り返って

 「きょうは準備段階で反省点があり、6分間練習やその前の過ごし方で不安が大きかったので、できてよかった」

 --出来栄え点も高かった

 「今回は自分の中でパーフェクトと言えない出来。反省点をあしたに使いたい」

 --フリーはプルシェンコの演目をアレンジした「Origin」

 「プルシェンコさんに向けてがんばりたい」

買って間違いない! 「無印良品」の名品おやつ

集英社ハピプラニュースによると。

朝も昼も夜も。ずっとあなたに恋してる! 「無印良品」にありがとうを叫ぶ♪
モア世代にもはや欠かせない『無印良品』。フード、インテリア、ファッション、美容……。「無印ラバー」が絶賛する名品たちをピックアップ! 今回は、中でもみんながお世話になっておるおやつをご紹介します♪

モア世代OLがゾッコン! 「おいしすぎてありがとう!」なおやつ3選
★毎日違う味で楽しめるで賞『不揃いバウムシリーズ 』
圧倒的人気はやっぱり「不揃いバウム」!新しい味がどんどん登場するので食べ飽きず、スティック型で食べやすいのも人気の理由。

ニット¥17000/Stola. 中に着たTシャツ(2枚セット)¥2500/ヘインズブランズ ジャパン イヤリング¥1800・リング¥2600/サンポークリエイト(アネモネ)

軽く食べたい時にぴったりなサイズ感と飽きのこないバリエーションの豊富さが◎
「『無印良品』のおやつの中でいちばん好き! 手軽な値段と食べきりサイズで、オフィスのおやつタイムに最適♪ 季節限定の味なども発売されるので、見つけるとつい買ってしまいます」(モアハピ部 No.562 しょこたうるすさん)

★素朴な味と見た目が可愛すぎるで賞『ぽち菓子シリーズ 豆乳ビスケット』

自然な甘さとキュートな形に懐かしくてほっとする
「昔から大好きなひと品。見た目も可愛いので癒されます♪ ミニサイズなので食べすぎも防げる&豆乳使用だから、とってもヘルシーなんです!」

70g¥112/無印良品 池袋西武

★ハマる人続出! 隠れた名品で賞『南高梅入り べっこう飴』

酸味と甘さのハーモニーが絶妙! ずっとなめていたくなるおいしさ
「梅入りのべっこうあめは種つきのものが多いけど、『無印良品』のものは種なしで食べやすくておいしい! 個包装なのも考えられてる♪」(モアハピ部 No.675 ちゃんあさん)

(9個入り)¥176/無印良品 池袋西武
登場したおやつ、あなたは試したことある? もしまだだったら、急いでご賞味あれ♪ その美味しさに、ハマってしまうはず!

気がつけばみんな「ユニクロ」を着ている 平成に起きたアパレル革命

WWD JAPAN.com によると。

平成も残り半年。この30年間の変遷を振り返る記事をたびたび見かけるようになったが、ファッション市場は平成の時代で何が変わったのか。大きな転換点はどこだったのか。さまざまな見方があるけれど、一つ挙げるとすれば、私は「ユニクロ(UNIQLO)」の登場だと思う。

気がつけばみんな「ユニクロ」を着ている 平成に起きたアパレル革命
平成の中盤から後半の20年間、ユニクロは常にキープレーヤーであり続け、ファッション業界の産業構造を塗り替えた。ユニクロと差別化できない企業は、事業縮小や退場を余儀なくされた。百貨店の凋落はユニクロの存在なしに語れない。服のヒエラルキーを崩し、消費者の服に対する価値観まで変えてしまった。

ユニクロは1つの品番を数十万点、数百万点の単位で作って、安く販売する
“デフレの申し子から定番ブランドへ”
ユニクロの名を知らしめたのは、1998年(平成10年)から始まったフリースブームである。
当時フリースのアウターはアウトドアブランドの専売特許で、1万円以上が相場だった。それを1900円という衝撃的な価格で売り出したのだ。同年11月に出店した原宿店ではバックヤードから運ばれたフリースが棚に置かれると同時に、客がわれ先にとつかみ取る光景が見られた。2000-01(平成12-13)年秋冬シーズンには2600万枚を販売し、ヒット商品の枠を超えた社会現象にまでなった。

97(平成9)年から2000年にかけて、時代は平成不況のどん底。山一證券や北海道拓殖銀行など大手金融機関の破綻が相次いだ。消費税率が5%に上がり、景気低迷に拍車をかけた。就職氷河期と言われるほど雇用環境も悪化した。そんなときに頭角を現したユニクロは、バブル崩壊後のデフレ時代の象徴と位置付けられていた。
しかし、ユニクロは「安さ」だけでは終わらない。品質を年々高めていき、専業メーカーのお株を奪うのである。00年代前半、あるジーンズ専業メーカーの幹部がユニクロの3900円のジーンズに対して「素材や加工感、はき心地を含めてうちの1万円の商品とレベルは大差ない」と漏らしていたのを覚えている。ユニクロは圧倒的なスケールメリットを生かした調達力で、高品質な衣料品を安く提供する。ジーンズの原価率は40%と言われていた。専門店や百貨店に卸売りしているジーンズ専業メーカーの原価率で同等の品質を実現しようとすれば、スケールメリットもなく、中間コストもかかるので、販売価格は1万円を優に超えてしまう。

ダイソーの100均グッズでカフェ気分。おうちでツートンコーヒー

女子SPA! によると。

 女性って、カフェでお茶をするのが好きですよね。それには、メニューはもちろん、カフェの雰囲気が大きく関係しているのではないでしょうか。「家で飲むカフェ・ラテやカフェオレとは違う」と感じている人も多いでしょう。

 でも、外に出るのが億劫だったり、自宅でのんびりブレイクタイムを楽しみたい日もありますよね。そんな日は、自宅でカフェ風ドリンクを作ってみませんか?

◆2層のドリンクが簡単に作れる100円グッズ

 カフェでの楽しみは、雰囲気。それなら、自宅でカフェ風のドリンクを作って気分を上げちゃいましょう。使用するのは、100円ショップ「ダイソー」で販売されている「ツートン ドリンクメーカー」。

 カフェでオーダーするとよく出てくるコーヒーとミルクが2層に分かれたドリンクが自宅で簡単に作れるのです。使用方法は、下記のとおり。

1. グラスを用意する

※ツートンカラーが映えるようなガラス製のものを選んで

2. グラスに付属のストローをさし、フチの高さに切ったら、本体を上部に差し込んでフチにフックをかける

3. 氷を入れる

4. コーヒーを注ぐ

5. ミルクとシロップはあらかじめ混ぜておき、本体にそっと注いでいく

6. 本体とストローを抜いたら完成

 コーヒーとミルクの割合はお好みで調整してください。また、コーヒーだけではなく、アイスティーや炭酸飲料、アルコールを使用してオリジナルツートンカラードリンクを作ることもできます。

 糖度が高いものが重くなるので、シロップやミルクは下層、コーヒーや水、アルコールは上層になるように組み合わせてみて。

 さらにカフェ気分を高めたいのであれば、同じくダイソーで購入できるオブジェを並べてみても良いかも。

 おうちでのブレイクタイムも工夫次第。100円で購入できるものなら、たとえ失敗しても後悔が少なく済みますよね。足を運んで、いろいろとチェックしてみてはいかがでしょうか。