年間入場者数の多い順にランキング・3位「ハウステンボス」(長崎県/174万人)

web R25 によると。

ぽっかり空いた夏の休日。「どこかへ出かけたいなぁ」なんて時に注目したいのが、全国各地に点在する遊園地や動物園などのレジャー施設です。なぜなら、これらの施設の多くにはホテルのようなハイシーズン料金なんてありませんし、ほとんどの施設では予約も不要。さらに、事前に綿密な計画を立てていなくても、入場さえしてしまえば、一定水準以上の面白さは期待できる…と、「安い」、「簡単」、「楽しい」の三拍子揃ったお出かけ先なんですから。

では、国内に数あるレジャー施設のなかで、どのスポットに行くべきなのか。参考になりそうなのが、レジャー施設に関する各種統計です。たとえば、綜合ユニコムが昨年発表した『レジャーランド&レクパーク総覧2012』の調査結果では、各レジャー施設を「テーマパーク」「遊園地」「動物園」…など7ジャンルに分け、年間入場者数の多い順にランキングを作成。おもなジャンルのトップ3を見てみると…。

【テーマパーク部門】
1位「東京ディズニーランド・東京ディズニーシー」(千葉県/2536万6000人)
2位「ナムコ・ナンジャタウン」(東京都/177万8032人)
3位「ハウステンボス」(長崎県/174万人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください