NYで陽性の医師、発熱前にボウリング、地下鉄…

テレビ朝日系(ANN) によると。

 ニューヨークで陽性と判定された医師(33)は、西アフリカのギニアから17日に帰国しました。その後、特に症状などはなく、自宅周辺でジョギングをしていたということです。21日になって疲れや不快感を感じたということですが、22日は体調が良かったため、友人たちとボウリングに出掛けたということです。その際、地下鉄に乗車。現地の新聞によりますと、帰りはタクシーにも乗車したということです。ところが、23日に39.4度の発熱を確認。エボラ出血熱の症状が疑われたため、病院に隔離されました。.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください