9月 072014
 

Bloomberg によると。

  9月6日(ブルームバーグ):テニスの全米オープン男子シングルス準決勝がニューヨーク時間6日行われ、錦織圭が第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6-4、1-6、7-6、6-3で破り、アジアから初の4大大会決勝進出を決めた。

錦織(24)は第4セットの第1ゲームと最終ゲームを含む5つのジョコビッチ(27)のサービスゲームをブレーク。世界ランキングトップ10の選手をこれで3人連続で打ち破った。勝利の瞬間、ラケットがコートに落ち、錦織は両拳を天に突き上げた。

コートサイドでのインタビューで、錦織は「テレビで見ている日本からの応援を感じた。日本では朝の4時だけど、みんな観ていてほしい」と語った。

シード10位の錦織は8日の決勝戦でマリン・チリッチ(クロアチア)と戦う。

この日のニューヨークは蒸し暑く、風もあるコンディション。ナショナル・テニス・センターのコート上の気温は、第3セットにカ氏95度(セ氏35度)に上昇した。錦織にとって3試合連続の4セット以上の戦いとなった。「長い試合が好きなんだと思う」と錦織は述べた。

フォーブス誌のアスリート年間長者番付によれば、錦織は男子テニスで5位。2013年6月-14年6月に稼いだ1100万ドル(約12億円)のうち、900万ドルはアディダス、デルタ航空など企業とのスポンサー契約による収入だった。錦織は「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングとも契約している。

敗れたジョコビッチは7月から世界ランキング1位。12年から13年にかけて1年近くトップを守っていた。試合後、「きょうの試合は望むものとかけ離れていた。エラーやショートボールが多く、自分とは思えない」と記者団に語った。

声援

第4セットで第1ゲームでジョコビッチのサービスをブレークした後、錦織は自身のサービスゲームで0-40に追い込まれる場面もあった。その後続けて5ポイントを取り、2-0でリードした。試合開始時ではジョコビッチの応援が大半だった観衆だが、ゲームが進展するにつれ錦織への声援が目立つようになった。

これまでに日本人で全米オープンのベスト4に勝ち進んだのは1918年の熊谷一弥が最後。日本人男子として4大大会の準決勝に臨んだのは33年のウィンブルドンでの佐藤次郎以来。

 Posted by at 8:19 AM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>