浅田真央、ショートプログラム(SP)で歴代最高得点を出して首位に立った浅田真央がフリーでも素晴らしい演技を見せ、優勝

Record China によると。

2014年3月29日、さいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケート世界選手権女子シングルで、ショートプログラム(SP)で歴代最高得点を出して首位に立った浅田真央がフリーでも素晴らしい演技を見せ、優勝した。

浅田は演技中盤のジャンプで着氷が乱れた場面もあったが、そのほかではトリプルアクセルを含め、ほぼ完ぺきと言える演技を見せ、138.03点を獲得。合計216.69点で優勝した。2位にはロシアのリプニツカヤ(207.50点)、3位にはイタリアのコストナー(203.83点)が入った。

浅田は試合後のインタビューで「今日はやりきったと思える演技をすることが目標だった。今シーズン、本当にうれしかったりくやしかったり、いろいろなことがありましたが、改めて今日終わってみて、フィギュアスケートっていいなあと思いました」と述べた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください